え、マイナチュレカラートリートメントの特徴5つ?気になる口コミも

だからマイナチュレで白髪染め。

マイナチュレカラートリートメントの公式サイトはこちらから

効果について

その白髪染め。なんでかゆいのか分かりますか?すぐできる対策2選

更新日:

頭皮の湿疹

白髪染めをした後、頭皮が『かゆい』という経験をしたことはありませんか?

毛染めは刺激の強いものと割り切ってあきらめちゃっている人ってすごく多いですよね。

でも、これってあきらめる必要はないし、かゆいのに何も対策しないのもオススメできません。

みさき
白髪染めでかゆいと感じるのはやっぱり異常がある証拠です。

白髪染め=かゆい=アレルギー反応?

使っている白髪染めに入っている成分が悪さをしている場合がほとんどです。

体に合わない成分が頭皮に付着してアレルギー反応を起こしているからかゆいんですよ。

おそらく7割以上の人の原因はこれですよね。

中でも『ジアミン系』染料を使った安価な白髪染めで多くの人がかゆみを感じています。

特に『パラフェニレンジアミン』と呼ばれるヘアカラー剤に多く使われている成分。

厚生労働省でもアレルギーの危険性があることを認められています。

EU諸国では使用が禁止されているんですよ?

日本国内の安価な白髪染めにはふつうに使われちゃってるのが問題です。

みさき
安いには安いなりの理由があるんですよね。
かゆいと感じるならまず、ジアミン系染料を使っていない白髪染めに変えるのが効果的な解決方法です。
チェック
妊娠中にマイナチュレカラートリートメントを使うと?
マイナチュレカラートリートメントが妊娠中はダメな理由を暴露!

一般的に妊娠中に白髪染めをするのはおススメされていません。 やっぱり、体にとって良くない成分入っていたりするからですよね。 でも、いつもよりよけいに白髪が気になるような・・・? こんな風に感じる女性は ...

洗い流しが足りないからかゆい場合も?

シャワー

白髪染めを使ったらとうぜん最後は洗い流しますよね?

当たり前ですが、髪についた白髪染めを落としてキレイにすることが目的です。

でもね。洗い流すのはもう一つ意味があるんですよ。

PH値(ペーハー)って聞いたことありますか?

水素イオン濃度を当たらす値なのですが、単純に【酸性⇒中性⇒アルカリ性】をさす言葉と考えて大丈夫です。

ふだんの肌の状態は弱酸性から中性くらいの性質を持っています。

白髪染めで髪を染めるにはキューティクルを剥がさないといけないので、アルカリ性よりに性質を傾ける必要があるんです。

よくアルカリ性の温泉は肌が柔らかくなるって言いません?

でも、温泉からあがる時はしっかり真水で洗い流さないとかゆくなる場合があります。

肌が弱い人はこれを強く感じやすいんですよね。

この最後の洗い流すという行為ですが、アルカリ性によった性質を『中性~弱酸性】の状態に戻す意味があるんですよ。

髪や頭皮も同じです。

白髪染めを塗りっぱなしだといつまでもアルカリ性です。

洗い流しが弱いと性質が戻らないのでヒリヒリとした刺激やかゆみを感じてしまうことがあるんです。

みさき
今の白髪染めでかゆいと思う場合は、ちゃんと洗い流せているかチェックしてみるのも手ですね。

マイナチュレのカラートリートメントならまとめて解決

マイナチュレカラートリートメント本体

白髪染めのかゆみって悩まれている人が多いんです。

そこで注目なのがマイナチュレのカラートリートメントですね。

ジアミンを初めてした髪、頭皮のために避けたい添加物を含んでいない無添加処方なのでかゆくなるリスクを最小限にすることができます。

8つの無添加って?

合成香料、シリコン、鉱物油、パラベン、ジアミン系染料、紫外線吸収剤、サルフェート、法定タール色素。 絶対避けたい8大添加物が入っていません。

選ばれる人もこの品質の高さが理由になっていることがほとんどです。

白髪染めは一時のおしゃれとは違います。

ずっと続けていかなければならないものなので、刺激のあるものは避けるべきなんです。

髪や頭皮を守り、補修しながら同時に白髪染めをする。

みさき
マイナチュレのカラートリートメントって単純にこんなわがままをかなえる白髪染めなんですよ。

マイナチュレの白髪染めをもっと詳しく解説しています。


 

マイナチュレカラートリートメントの公式サイトはこちらから

-効果について

Copyright© だからマイナチュレで白髪染め。 , 2018 All Rights Reserved.