え、マイナチュレカラートリートメントの特徴5つ?気になる口コミも

だからマイナチュレで白髪染め。

マイナチュレカラートリートメントの公式サイトはこちらから

効果について

マイナチュレカラートリートメントで生え際が染まらない理由は3つ!

投稿日:

染まらない生え際

マイナチュレカラートリートメントで生え際を染めるにはいくつか注意しなければならないことがあります。

ただ、塗布して終わりじゃないの?って思いがちですけどね。

生え際は染まらないってことがあるんですよ。

みさき
むだに使ってしまう前にポイントを押さえておきましょう。

マイナチュレカラートリートメントで生え際を染める3つのポイント

マイナチュレカラートリートメントで生え際が染まらない理由

  1. 染まらないのは生え際だからこそ起きるんです。
  2. ヘアカラートリートメントはそもそも染まりにくい。
  3. 意外に塗れてない。生え際はコームを使って入念に!
みさき
生え際の特徴、カラートリートメントの特徴。使い方のコツ。これをちゃんと押さえれば染まらないなんてことはありません。

ポイント1:生え際だから染まらない?

生え際ってそもそも染まりにくい場所なんですよ。

理由は生まれたばかりの髪だから毛先よりキューティクルがしっかりしているんです。

キューティクルは毛の表面を覆って外部から刺激から髪自体を守るバリア機能を担っています。

毛染めをするには少なからずキューティクルを剥がす必要があるので、それだけ染まりにくい部位になるんです。

良く言えばそれだけ健康的な髪だってことなんですけどね。

みさき
マイナチュレだから生え際が染まらないってことじゃないんですよ。

ポイント2:ヘアカラートリートメントだから染まらない?

ヘアカラートリートメントの仕組みをちゃんと理解していますか?

一般的な白髪染めはその強いアルカリ性の染料で強力にキューティクルを剥がして染料を毛髪内へ送り込みます。
だから、短時間でグングン染まるんです。

ヘアカラートリートメントは髪へのダメージを極力少なくするために、剥がすキューティクルの量はわずかです。
そこの少しづつ染料を送り込み、痛めた分だけ髪を補修しながら染めていくんです。

つまり、一般的な白髪染めに比べてとても時間がかかるってことなんです。

みさき
繰り返し何度も使うことで理想の髪色に近づけていくので、1回や2回では満足に生え際が染まったと感じれないかもしれません。

ポイント3:手でやるから染まらない?

手を使って染めるのはやっぱり楽なんですよね。

めんどくさくないし、簡単です。

でも、生え際にしっかりマイナチュレカラートリートメントを塗布しようと思うとこれがなかなかうまく行きません。

しっかり濡れたつもりでもけっこう塗りムラがあるんですよね。

塗れていない箇所はとうぜんながら全くもって染まりません。

みさき
やっぱり、目の荒いコームで丁寧に塗っていくほうがキレイに染まります。

染まらない生え際を染めるためのポイントをまとめると・・・?

  • 染まりにくいからこそ時間がかかる。
  • 染まりにくいものだからこそ回数がかかる。
  • 染めづらい場所だからこそ手間がかかる。
みさき
良く考えるとわかるのでが、使い始めるとついふつうの白髪染めと同じ感覚で考えちゃいますよね。
一度冷静になってみましょうね。
マイナチュレカラートリートメントの公式サイトはこちらから

-効果について

Copyright© だからマイナチュレで白髪染め。 , 2018 All Rights Reserved.